サッカーユニフォームのズボンの選び方と注目点

サッカーユニフォームは上下セットで選ぶの基本ですが、ここではズボンの選び方についての解説を行います。
まずはサッカーユニフォームの丈についてですが、膝のやや上までの長さを選ぶのが一般的なようです。あまりにも長過ぎる状態ですとプレイにも支障が出てしまいますので、ズボンを選ぶ際には気を配ってみる事が大切です。
サイズ選びの際の注目点としてふともも周りのサイズもポイントですが、あまり太過ぎるサイズは避けた方が良いと言えます。風の影響を受け易くなりますし、またプレイ中にも掴まれ易くなるなどのデメリットも生じます。
ただタイト過ぎるのも良くありません。タイトですと風通しが悪くなりますので蒸れ易くなってしまいますし、汗をかいてしまうのもパフォーマンスを落としてしまう原因になります。ある程度の余裕がありつつも、タイト過ぎないサイジングがベストですので、よくサイズを確認しながら選ぶと良いでしょう。
因みにサッカーユニフォームの素材によっては洗濯後に若干縮んでしまう事があります。ベストサイズを選んだつもりでも洗濯をしたら縮んでしまって見た目や履き心地が違ってくるというケースも珍しくありませんので、サイズの変化も見越して選ぶようにした方が失敗が少ないかもしれません。
ズボン選びの際には生地に着目してみるのもポイントですが、サッカーユニフォームに適していると言われているのがポリエステル素材です。ポリエステル素材は軽くて丈夫、そして速乾性もありますので、サッカーユニフォームにも適している素材です。ズボンのような汚れ付きが激しいユニフォームは何度洗っても傷み難い事も大切ですので、そういった観点から考えてみても丈夫なポリエステル素材は適していると言えるのではないでしょうか。
耐久性が気になる際にはデザイン部分の品質もチェックしてみた方が良いと言えます。例えばプリントが施されている物もありますが、品質の良くないプリントですとすぐに剝がれてしまったり、かすれてしまって見た目が悪くなる事があります。デザイン性を大切にしている場合ですとやはり気になる部分でもあるものですので、デザインの耐久性に関しても確認をしておいた方が安心です。
長持ちするデザインが良い時にはプリントではなく刺繍の方が良いかもしれません。プリントのように剥がれてしまう事もありませんのでデザインも長持ちしますし、長く使えてコストパフォーマンスも良いと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA