サッカーユニフォームのメーカーと選び方注目点

サッカーユニフォームを作る場合、先ずなにが中心になるのか考えましょう。発注してから到着までの納期が問題なのか、価格が問題なのか、デザインが問題なのか、生地素材が問題なのか、デザインはオリジナルなのか、既製なのか、数え切れないほどの問題があります。チームメンバーの総意ともなると、さらに難しさは倍増するのでここはコーディネーターや、監督、コーチ、主将などに一任した方が良いでしょう。ユニフォームを作るうえで一番問題になるのがデザインです。

自分のチームだけのオリジナルデザインなのか、いくつかの見本の中から適当なものを選ぶのかで、ユニフォームの単価は変わってきます。オリジナルデザインをフルオーダー、すでにある見本の中から気に入ったものを選ぶのをセミオーダーと呼んでいますが、フルオーダーの場合はセミオーダーの約3倍に近い値段になるのを覚悟しなければいけません。同じセミオーダーでも、レプリカの場合はやや高くなりますが、外国の人気チームのサッカーユニフォームを着て試合をするわけにはいかないでしょう。レプリカは飽くまでも応援用か個人の趣味用として使われるものです。アマチュアチームの要請に応じてサッカーユニフォームを作るメーカーは沢山ありますが、メーカーの選び方や、メーカーの注目点は、ある程度事情に詳しい人でなければわかりません。デザインはいいのだが、生地に難点がある、裁縫に問題点があるといった、長所、短所は、各メーカーそれぞれ持ち合わせています。一般的には長所に目を向けて、その良さを評価する傾向が強いようですからデザインの良さを求めるのでしたら、デザインに強いメーカーを選べばよいでしょう。デザインは日々変化しています。

デザインで選ぶなら、常に時代の先端を行くところを選ぶことになります。デザインの注目点はどこか、これはメーカーから取り寄せたデザイン集などで、ある程度判断できるでしょう。メーカーによってはサッカーユニフォームは作っても、ソックス、ヒューズまでは用意していないところもあります。またゴールキーパー用のユニフォームも忘れてはならないものですが、キーパー用のユニフォームは作らないところもあるので、こうした点もチェックしなければなりません。アマチュアの場合、審判は各チーム持ち回りというケースが多いのですから、サッカーユニフォームを作る際は審判服も考慮に入れておく必要があります。あらゆるケースに対応できるメーカーを選ぶことが一番安心できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA